バーで勉強(覚え書き)

いいかんじのバーに一人で足を踏み入れるのは、緊張します。女性一人だったり、初めての店だったりするときは、ことさらに。

なにってわけじゃないけど、おととい行ったバーはいいかんじだった。ハードリカーも勉強したいなと改めて思ったり。接客って大事だなと思ったり。


備忘録的に、飲んだ酒を記す。

一杯目 グラスワイン赤 ボルドー2008年 Alc,13% リーデルグラスブルゴーニュ   で         香りも味もいい、バランスよいワイン。タンニンもきつすぎない。カベルネソー
    ヴィニヨン80:メルロー:20?

二杯目 ラム モンテクリスト12 monte cristo キューバの葉巻メーカーの作るラム
    Alc40 45ml ストレート 
    ラムらしい甘みが柔らかくのこる。まろやかで余韻が長く続く。
    アーモンドが良く合う。

三杯目 ラム ニカラグア ?(名前失念 多分 フロール デ カーニャ?)
    うまみがつよくて、ナッツ類が合わないくらい。香りもめちゃつよい。
    めちゃ高い。現地の人の年収だとか。外貨獲得手段としての製品なのね。

四杯目 サービスで マダガスカル?のラムを出してもらう。 おいしい。


五杯目 スコッチウイスキー (多分、、、スキャパ?SCAPA)
           ガッと度数があるわりに、口当たりはざらつかない。でも正直わたしにはしんどい。  嘔吐してるときのような(失礼!)味。 スコットランド最北端の蒸留所、潮風と波があたって塩っぱくなるらしい。興味深い。    


コーヒーの風味表現にも役立ちそうな、ハードリカーの香り。(美味しいアイスコーヒーの後味は、ラムっぽいといつも思う)
ラムの方向性は支配国の嗜好に寄る、とか、海辺で置かれたウイスキーはしょっぱいとか、葉巻は身体に悪くない、もとい、煙草の害はパルプと添加物であってニコチンに非ず、とかおもしろい話だったんでついつい飲み過ぎた。

ちょっと人に言いづらい金額だぜ。わたしも勉強しなきゃ。


コメント

人気の投稿