スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

「呼ばれたわたし」が悪いのかい

ある晩のこと、わたしはNさんと話をしていた。

(Nさんはわたしの元上司。たまに会ってお話をするのだ)

馴染みの場所で座りながら、最近あったあれこれやを話す楽しい時間だった、はずなのだけど

途中、日大アメフト部の話の流れから

日本語の「主体の曖昧さ」のことを話すうち、

いつのまにか

TOKIO山口氏の話題になってしまっていた。



「あの会見だってさ」

Nさんは言った。

「あんなふうに囲まれてさ」

「そりゃ言うよ、{できるなら戻りたい}くらい」


「それに、あの女の子だって悪いんじゃない 」



きたきたきたきたキター!

これだよ。

わかってたよ、Nさんが多分そう言うだろうってこと。

だからこそ、この話題は避けたかった。

だってわたし、

Nさんが「二次加害」に荷担するのを、見たくなかったんだもの。

Nさんが被害者非難を口にするのをを、

聞きたくなかったんだもの。


だってさ その言葉って、この「わたし」にも降りかかる言葉だからさ。

わたし聞きたくなかったよ。



わたしは Nさんがその言葉を発したその瞬間に思い起こした「ある出来事」のこと

どうしてもこれまで話せなかった。


だから、ここに書いておこうと思う。

読んでくれるだれかのために。

そしていつかのわたしのために。


あの
山口氏の性暴行事件は

「アイドル」が「女子高生」にセクシャル・ハラスメント(性加害)した事件、ということで、センセーショナルに取り上げられた。

あの時期、多くの人たちが訳知り顔でああだこうだと口々に噂した。

あの子は云々、彼はカンヌン、アル中で家庭不和でどーたらこーたら。


でもさ、違うんだよ。
本当に重要なことは両者の「属性」じゃない。

両者の「日常生活態度」も「容姿」も、本来まったくどうだっていい。

ほんとうに重要なことは、

加害者(山口氏)と被害者(未成年女子)の『関係性』じゃないですか、とわたしは心の中で毎日思っていた。

考えるべきポイントは、

◎加害者は、被害者にとって「仕事上関わりのある目上の人物」だった。

◎両者は「対等関係」ではなく、そこには明確な(目には見えない)権威勾配が存在していた(はず)。

◎そして日本社会において「女は男を立てるべき」という前提が存在し、

◎「目上の人間の要望を無下に断るのはNG」でという暗黙の了解が存在している上に、

◎彼らがいたのは「芸能界」というのは体育会系の縦社会…

最新の投稿

文章を書くことを諦めないよ

マサキチトセさんの講演会in浦和

[映画]嘆きのピエタ

第2次ショック「火垂るの墓」 (自分向け)

自転車で走った夕方のこと。(おもに自分にむけて)

[書評] 妻がガンなのに、僕は恋人のベッドにいる。(主に備忘録)

Start